逆境ユナイテッドの妄想ヴァケイション

アクセスカウンタ

zoom RSS 何をなぞっているの 何かを探してみるの 

<<   作成日時 : 2014/04/05 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 新年度ですね。残念ながら私の生活は何も変わっていません。
 いや、増税のせいで生活レベルが更に落ちそうです。偉い人、本当に何とかしてください。


〔追記〕
 我が相方、なかむーさんがブログを移転されました。
まななか夢
 止まっていた時が今再び動き出す!今後のなかむー氏にご期待下さい。いやぁ、ミーティング(という名の雑談)の度に「そろそろ更新しましょうよ〜」と言い続けた甲斐があった!
 追記ながら告知させていただきました。



 さて、今年は故あって年始からアイマスのCDを買う機会が増えました。
 アイマスといえば我が相棒、なかむーさんの専売特許。私の目的はあくまで、伊織の「ドゥ・ユー・リメンバー・ミー」、美希の「夢で逢えたら」といった自分が元々好きだった曲のカバーを回収する事でした。

 これを機にWikipediaで色々とアイマス関連のアルバムを探ってみたところ、(以前このブログでも紹介した)Serani Poji「Rabbit Panic」や須賀響子「近道したい」など、私にとっても思い出深いマニアックな選曲をしている事が判明。
 特に「近道したい」なんて、この時調べるまで曲の存在自体を忘れていましたよ、私は。かなり前にCDを手放してしまったからなぁ。
 こういうツボを突いた選曲をしてくれるのならば、もっと自分寄りの曲を取り上げてほしいと思うのが人情。
 私が好きな音楽の中でも、何らかの形でスポットが当たれば世間的な注目が集まるのではないか?という曲はたくさんあります。

 というわけで、今回はアイマスガールズにカバーしてほしい曲を私イヴァンが選び、それをまとめたアルバムを妄想してみました。
 ただし、妄想にもある程度のルールが必要。選曲にも基準を設け、少しは現実的に実現出来る可能性を高くします。いやまぁ実現なんて絶対しないんだけど。
@原曲がシングルカットされている
Aもしくはゲームソング、アニメソング(e.g.伊織「Rabbit Panic」)
Bそれ以外でも名曲として認知されている(e.g.貴音「Winter Comes Around(冬の一日)」)
 Bの場合は文中にて注釈を加えます。

 アルバムのタイトルは思い付かないので勝手に決めてください。なかむーさんが決めてくれるかもしれません。
 選曲だけでなく、曲順や原曲のリリース年代の配分もそれなりにしっかりと考えました。
画像
 試行錯誤の跡。普通の人は新年度から真面目に動いているのに、何をやっているんだか。


#1. 「途中にしてね」/765PRO ALLSTARS
(原曲:チロリン)
 オープニングにしてはかわいらしすぎておとなしい気もしますが、単純にこの曲のオリジナル・バージョンが入手困難でCDを持っていないので、原曲に忠実な形で聴きたい、音源をしっかり所有したいというだけ。身も蓋も無い理由ですみません。
 新チロリンのバージョンはやけにピコピコしていて旨みが消えている気がするので、是非原曲バージョンのアレンジで。12弦ギターのフレーズもそのままでお願いします。

#2. 「Big-Bang, Bang!(愛的相対性理論)」/菊地真
(原曲:Sadistic Mikaela Band)
 サディスティック・ミカ・バンドの代表曲といえば誰しもが「タイムマシンにおねがい」を挙げると思うのですが、あれは初代ボーカルのミカの歌のエキセントリックさあっての曲だと思っています。
 木村カエラを迎えた再々結成の時のこの曲の方が、キュートだけどパンチもあって受け入れられやすいのではないでしょうか。真も男性曲ばかり歌わさせられるのも不憫なので。
 シングルカットはされていませんが、PVも作られた上にこの曲でTV出演もしていたので問題ないでしょう。

#3. 「海にうつる月」/如月千早
(原曲:たま)
 たまの、特に滝本氏の曲の良さがもっと知れ渡って欲しい。あと、彼の美しいメロディを女性が歌ったら面白そうなんだけど、残念ながらカバーが無いに等しい。とにかく単純に聴いてみたいのです。
 たまの滝本曲でシングルA面になったのは「海にうつる月」「星を食べる」「日曜日に雨」の3曲ですが、この中で最も売れたこの曲を選びました。とてもドラマチックな展開を持った曲でもあります。
 アレンジは原曲にこだわらず、ピアノとストリングス・セクションのみで大胆に盛り上げた方が面白いかもしれません。滝本氏の不思議な歌詞と不安定なイケボが描く幻想的な世界観も、千早の歌唱力なら表現しきれるはず。

#4. 「マーブル」/秋月律子
(原曲:中島愛)
 最近のアニメ曲も入れておいた方が良さそうなので、近年のアニメ主題歌で最も好きなこれを。
 某アフィブログを中心に散々ネタアニメ扱いされている(主にご当地アニメの失敗例として)『輪廻のラグランジェ』の曲なら1期OP「Try Unite!」の方が若干知名度が高そうですが、モロにハウスなトラックを再現しようとするとどうしても原曲の音色との構築度で差が出てしまうので、2期OPのこちらにしました。私はどっちの曲も好きなので全く問題無し。
 律子にした理由は特にありませんが、「Sunny Day Sunday」のように元気良く歌ってくれるでしょう。

#5. 「まりン」/萩原雪歩
(原曲:飯島真理)
 マクロス関係の曲(特に「愛・おぼえていますか」)は繰り返しカバーされている人ですが、私としてはもっと自作曲の良さが知られてほしい。アイドルが歌うのにぴったりな曲が沢山あるのになかなかその機会が訪れないのを、常々とても口惜しく感じておりました。
 この曲はシングルではありませんが、坂本教授のアレンジもはまっている、とてつもなくキュートでポップなナンバー。YMOの三人の歌謡曲仕事のコンピレーション『イエローマジック歌謡曲』にも収録されているので、彼女の代表曲と言っても過言ではないはずです。何より、私が飯島ファンになるきっかけの曲でもあります。
 ニコ動初期に、この曲のアイマスPVを製作されているプロデューサーがおり、その主役が雪歩でした。この動画の印象が個人的にとても強いので、そのまま雪歩に歌ってもらうのがベストだと判断しました。アレンジも出来るだけ原曲に忠実に、DX7の音を再現してほしいなぁ。

#6. 「super “shomin” car」/天海春香
(原曲:Cecil)
 Serani Pojiがカバーされてるなら、セラニの初代ボーカリスト・ゆきちさんが所属していたCecilもやってもらわないといかんでしょう。インディー・アーティストですが、この曲は映画『下妻物語』にも使われた(らしい)シングルなので条件はクリアー。コナミの音ゲーに使われていた事実が色々まずそうな気もするけど、セガのゲームの曲(「Rabbit Panic」)もカバーされてるから大丈夫だよね。
 この曲を春香にした理由は…なかむーさんには悪いけど特には無いのであった。かわいらしい曲なのできっと合うはず。ちなみにCecilの曲のアイマスPVを上げてるプロデューサーさんもいて、「フルスロットル」を始め何曲か動画があって全てアップ時からチェックしてるんだけど、その主役はどれも雪歩だったりする…。

#7. 「色彩都市」/三浦あずさ
(原曲:大貫妙子)
 色んな人にカバーされている名曲。てっきり今の今までシングルで出たものとばかり思っていましたが、アルバムにしか入ってない曲だったんですね。でも文句なしの大貫さんの代表曲です。「メトロポリタン美術館」だと安直過ぎるし、特に今聴きたいとは思わないので。
 ベテラン歌手のカバーといえばこの人、あずささん。安定の歌唱力で独自の色を出してくれるでしょう。これも教授アレンジをあまり崩さない形でお願いしたい。

#8. 「午前8時の脱走計画 〜This is what you want, but this is what you get〜」/水瀬伊織
(原曲:Cymbals)
 メンバーの沖井礼二氏の知名度も、竹達彩奈さんへの曲提供(名曲!)でそろそろ高まっていそうな昨今。そろそろ彼の原点であるCymbalsの渋谷系メロディをアイマスガールズに歌ってもらうべき。
 アイマスのカバーでは、数々の名曲を自分の色に染めてきた伊織。このオシャレな曲をどう歌いこなしてくれるのか妄想するだけで楽しいです。ぶっちゃけ、釘宮ボイスなら何でもアリ。

#9. 「不良マネキン」/星井美希
(原曲:フレネシ)
 ここ数年、私が注目しているインディーの人。ニコ動にもご本人が歌ってみた動画をアップしているようですね。そもそもシングルを出していない人ですが、才気迸る力作PVがあるのでリードトラック扱いでも大丈夫のはず。
 複雑なコードを多用する80年代歌謡曲をパロディ化し、チープにポップに再構築した原曲。天然ウィスパーボイスなので歌うのが難しそうですが、私が最も好きなアイマスキャラである美希がどう料理するのかとても興味があります。長谷川明子さん、ご結婚おめでとうございます!

#10. 「ハリケーン」/双海亜美・真美
(原曲:シャネルズ)
 個人的に、井上大輔氏の作った曲は不思議なノスタルジーを感じるのと同時に心躍るものばかりです。亡くなった後に発掘されたThe Gospellers「ローレライ」やDEEN「雨の六本木」も当然それに含まれます。そんな氏の曲の中で、一番好きなのがこのシャネルズ(ラッツ&スター)によるヒット曲。
 男性ドゥーワップ歌謡ですが、パフィーがカバーしたこともあるので女性二人組でも大丈夫。アレンジのベースはゴスペラッツのバージョンで。コーラスは出来れば下田麻美さんに多重録音してもらいたいな。重要なベース・ボーカルは高木社長あたりにゲスト出演してもらいましょう。想像するだけでも楽しい曲になりそう。

#11. 「くもりガラスの向こう」/四条貴音
(原曲:引田香織)
 私が『マリア様がみてる』の主題歌で一番好きな曲。歌詞が感動的なのは「Chercher 〜シャルシェ〜」(カラオケで歌おうとすると、感極まってしまって最後まで歌えない…)、作品の雰囲気に一番合っているのは「Pastel Pure」なんですが。とにかく思い入れは強いです。
 以前、ツイッターにて貴音の存在だけを忘れてしまい、某ルーマニア兄貴に「あのさぁ…」という反応をされてしまった私。個人的に一番印象の薄いメンバーだったのですが、CDを買ってびっくり。とにかく歌が上手い!あの声でこの名曲を…結構イメージしやすいです。絶対良いはず。それだけに、妄想だけじゃなくて何とか実現してほしいなぁ。

#12. 「スピカ」/我那覇響
(原曲:スピッツ)
 スピッツは昔から安定して好きなバンドです。このブログがかつてコンスタントに買い物報告をしていた時にも、彼らのシングルを紹介しています。一番好きな曲というわけではないですが、女性が歌うとハマりそうな曲なので。
 『生っすかSpecial 01』でのカジさん曲カバーを聴いて思ったのですが、我那覇くんは(中性的な)男性ヴォーカル曲が合うんじゃないかと思いました。元気なイメージが強いですが、こういうポップな曲をじっくり歌うのもいいんじゃないかと。

#13. 「うれしい予感」/高槻やよい
(原曲:渡辺満里奈)
 選曲理由は、この曲を作曲した人にあります。ググっていただければすぐにおわかり頂けると思います。この人の曲を入れないわけにはいかないのです。
 この曲のアイマスPVもニコ動初期にアップされてらっしゃるプロデューサーさんがいて、繰り返し観たものです。使われていたのはやよい。あれを観てしまっては、彼女以外のボーカルは考えられないかな。ひたすらドリーミーなサウンドなので、出来ればフルオーケストラで!


 あくまで私の個人的な妄想なので、あんまり真面目に考えないで下さい。
 次回は洋楽編を書きます(大嘘)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東方サッカー2のサイトが消えた件についてどうお考えですか
アレ
2014/04/23 22:46
>アレさん
ご報告ありがとうございます。
神電研さん側(制作サイド)に問い合わせてみたところ、サイトを消去していることは把握していなかったようです。
サイトの管理者の方とはこちらから直接連絡がとれないので推測でしかないですが、先日サイトをリニューアルしており、まだ移行作業が終わっていないのかもしれません。
改めて神奈川電子技術研究所さんがサイトを更新されると思われますのでそれをお待ち頂くか、問い合わせて頂ければと思います。
Ivan
2014/04/25 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
何をなぞっているの 何かを探してみるの  逆境ユナイテッドの妄想ヴァケイション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる