逆境ユナイテッドの妄想ヴァケイション

アクセスカウンタ

zoom RSS Talk Sessions (Internet Edition) Vol.1

<<   作成日時 : 2014/12/13 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年はサークルとしてのリリースを一切行っていないので、申し訳程度の活動報告として(いつもコピー本で行っている)対談を行いたいと思います。全2回予定。


なかむー:(以下画像
「はい、ファルコンばんは。なかむーです。」

イヴァン:(以下画像
「巫女んにちは、イヴァンです。何か最近この挨拶が恥ずかしい」


画像
「お互い贔屓チームが死にかけ、死亡説も囁かれたりもしてましたが、今回はネット上で元気にキャプツバ対談を行いたいと思います」
(注:ちなみにこの対談が行われたのはJ1昇格PO決勝の約一週間前。フラグというか予言になってしまいました)

画像
「ブログでは初めての無茶な企画ですね。今回の議題はなんでしょうか」

画像
「今回は『大空世代の日本代表における下級生組、新田、佐野、タケシのこれまでとこれから』ですね」

画像
「誰が役に立ってるかという事ですね。実は2012年に開始した対談企画の最初から議題候補に挙がっていましたが、今回ようやく陽の目を見ることになりました」

画像
「議題に上がりつつも、他に出てきた案に蹴られるお題なんてする価値ないと思うんですけど(名推理)」

画像
「それは禁句だからヤメルルォ!まぁそれだけコピー本には厳選されたネタを使ってたって事で…さて、この3人は黄金世代に残った数少ない1学年下の選手な訳ですが、そんなにこの学年は不作なんですかね」

画像
「と言うかキャプテン翼世界における、翼と同学年以外の代表候補がほとんどいないんだよなぁ。南葛も翼が抜けたら新田がいる大友に普通に負けてたし。他の世代はどんだけ不作やねん」

画像
「何だかんだでRJ7のメンバーも全員五輪代表落ちしましたしね。火野は日本国籍じゃないし。この世界の選手の偏りは半端無いっすね」

画像
「まあ、とりあえずは翼達より年下の世代ですわ。一つ下が新田と佐野、もう一つ下にタケシがいます。確かここにもう一人、信号とか青とかいうのがいたんですがね」

画像
「ああ、アイツは翼に取り入ることで地位を得ましたね」

画像
「こいつは放っておいていいや。パシリからもハブられて、同年代に味方は一人もいなさそうだし」

画像
「そうっすね、上には気に入られているようですが。残り3人は現在の連載でも買出しに駆り出されるなど、パシりにされていました。傍目からはあまり扱いには差が無いように見えますが、どうなんでしょう?」

画像
「読者からの評価で考えると新田はポスト命中のかませ、佐野は次藤の追加パーツ、タケシは日向の追加パーツみたいな感じですかね」

画像
「身も蓋も無いようですが、あまりにもそれぞれの立ち位置を上手く表現していて付け加える事がありません。WY編だと、それぞれにスタメン出場の機会はありましたね。佐野などは決勝でもスタメン出てますし」

画像
「タケシはこの中では実力はワンランク落ちる感じですかね。まあ学年が一つ下なので当たり前と言えば当たり前なんですが。タケシの場合はメインポジションが激戦区のMFにあると言うのも問題な気はします」

画像
「佐野はFWでもMFでも使える、新田は少なくともWYの時はFWでポジション争いに値する奴がいませんでしたからね。今だと若島津がいますけど、さすがに来生や滝よりは全然上ですし」

画像
「MFの得点力が高いおかげで目立っていませんでしたが、FWは若島津が出てくるまで日向一人に頼ってた状態ですからね。そりゃ新田の出番も増えます」

画像
「その割に、重要な場面で殆ど得点出来てないわけですが。ある意味で若島津のFW化は必然だったのかもしれません。そう考えると、佐野は頑張ってる方でしょうか」

画像
「次藤とのコンビプレイとは言え、佐野も翼率いる南葛から2点を奪ってますからね。まあ、そこ以外で得点したシーン知らんけど」

画像
「ゴールはこれ以降していない様な…まぁ描かれて無い試合では決めてるんでしょうけど、目立った舞台では記憶にないですね。
 そうなるとタケシの存在意義が怪しくなってくるんですが、一応彼には一世代下のアンダー世代の代表キャプテンという顔があるんですよね。そこでは結構活躍してるようです。もっとも、翼世代に上がると途端に持ち味がわからなくなりますが」

画像
「中学からJY時代は割とタケシも試合に出てたんですよね(活躍したとは言ってない)。日向とのコンビプレイもありましたし、個人技も上手かった。ただ日向が翼や他の選手とも普通にコンビプレイをしだしたので追加パーツとしては不要になり、個人技もほとんど通用せず使いどころが完全になくなってしまいました」

画像
「もう正直惰性で選ばれてる感じですもんね。コンビプレイなら若島津の方がやれそうだし。G-23でも最後のオーストラリア戦で出てきましたが、正直何のために出たのかよくわからなかった。サッカーカット以外の持ち味を見つけないと厳しいですね」

画像
「新田や佐野はそこら辺で上手く持ち味が付け加えられたと思いました(話の展開的にどうかは別として)。新田はRoadto2002で若島津と空手の修行を、佐野はG-23でフットサルコンビからフットサルの技術を教わり、それぞれが代表で活躍を見せてくれました。……言えば言うほどタケシのいらない子加減が加速していくな。
 まあ実力云々の話はとりあえず置いておいて。単純に出番の量ではまた違った感じがします。こちらだとタケシは日向のおかげで飛躍的に出番が増えてるんですよね。特にWY編では試合出場がほとんどないにもかかわらず、日向を見に行くだけで出番を貰ってます」

画像
「日向の弟分ってのは大きいっすね。新田は若島津との空手修行がありますが、メインキャラの一人である日向に比べれば出番は少ない。
 そうなると、今度は佐野が不利になってきますね。次藤自体がそこまで出番があるわけではないし」

画像
「次藤は代表になると攻撃参加の必要がなくなるので守備専門になりますからね。そのおかげで佐野が個人技を覚える下りが出来たんでしょうが、代わりに二人のコンビ感も薄くなってしまった感じはします。まあJYの時点で次藤は立花兄弟の方に浮気してたんですがね」

画像
「あー、そうでしたね。大会開催地のフランスで練習してるような描写もありました。佐野は次藤離れして新たなコンビプレイの相手を見つけると、出番的ももっと増えそう。現状では厳しいですが」

画像
「そもそも佐野はいまいちどんなキャラかよく分からないんですよね。その時によってキャラがぶれてて安定してない感じなんで。
 一方のタケシは日向の恋バナをたった1コマでバラすと言うミラクルプレーで畜生キャラを印象付けてくれました。こいつ、本当に日向のこと尊敬してるのか」

画像
「なんか明らかにおちょくってるような言動・行動もありましたよね。まぁ日向もそれほど咎めるでもなく容認しているわけですが。
 佐野はそもそも前髪から目が見えると豹変するという設定だったんで、創造神も未だにキャラを決めかねているような感も」

画像
「佐野の前髪設定はもうなくなってるやろうな。今では常時、目が見えてるし。もういっその事、WYのタイ戦でサッカー素人の早苗にディスられたり、賀茂に葵とあっさり交代させられた時の悲しそうな顔を使って不憫属性でも推していけばいいんじゃないかね(適当)」

画像
「最近はイケメン寄りの属性になってるから厳しいかもしれないっすね(笑)。そっち寄りのキャラがいないのは確かだけど。でもどっちかといえば新田がそういう役回りですよね。あんまり悲しそうな顔とかはしないけど」

画像
「新田はなにィ属性やから(笑)。それはともかく新田は最初から翼のライバルキャラ(ライバルになれるとは言ってない)として登場したので、割とキャラは立っていましたけどね。なおその設定は陽一神版では全く生かされていない模様」

画像
「最初だけで終わったなぁ…現在の姿を考えると、登場時の威勢の良さも『自分のシュートに名前を付けちゃう痛い奴』みたいに見えてきてしまうから悲しい。某ゲームでは元設定を活かしてラスボスになりましたけどね」

画像
「ゲーム版での新田の扱いは破格ですね。ラスボスになった5は言うに及ばず、4でも新必殺シュートを貰えるなどスタッフに愛されていました。
 一方佐野はオーバーヘッドを使えるようになるも次藤を立花兄弟に奪われ、タケシは完全に日向の追加パーツ扱い。そして二人ともシナリオでは完全にモブ扱い。どうしてこうなった?」

画像
「スタッフの新田愛が凄かったのか、最初の設定を貫いた陽一神への忠誠心なのか…原作ではG-23の新必殺シュート“隼蹴り”エピソードで一瞬盛り上がったけど、その後は相変わらず空気FWですからね。扱いの差が酷い」

画像
「新田は一応相手の力量を測るかませという役割があるから(震え声)。最近は日向がこの役をやってしまうことも多いので、新田には日向の株を落とさないようもっと頑張ってほしいところです」

画像
「最近はかませの役割すら怪しくなってる気もしますが。若島津がこのまま定着すると厳しいっすね。日向との付き合いも古いですし、ゲームでは所属先もいつも一緒で親密(意味深)でしたから。一応、新田は現在の連載では五輪本大会初戦のスタメンは与えてもらったようですが(見せ場があったとは言ってない)」

画像
「若島津はかませとして新田の何歩も先を行ってるから強敵やね(爆)。
 しかし実際のところ、この三人が急に代表からいなくなっても誰も困らないのが寂しい。代わりがいるとかじゃなく、単純に戦力として計算出来ないしする必要もないという悲劇。ちょっと前に某球団の選手が揶揄されてましたが、これの方が正しく優勝受取人と呼ばれる人物だと思います」

画像
「受取人(笑)。関係ないけど、JY優勝の時に(出番も無かったのに)豪快なガッツポーズを決めていた来生を思い出してしまいました。
 うーむ、確かに替えが効いちゃうんですよね。あくまでバックアッパーって感じで。この3人にしかない武器が見えてこないと厳しいっすね。佐野は少しだけG-23でそれが見えかけたんだけど(フットサルテクニック)、どうも創造神がそれを忘れたっぽい」

画像
「いや、替えが効くとか言うレベルじゃないんですよ。活躍するキャラは決まっているから、そこにいるのは誰でもいい。要は数合わせってことですね、試合を成立させるためだけにいる存在。翼が合流してからは、その扱いが更に加速していますからね。多分、この三人のところに修哲トリオがそのまま入っても、話の展開が変化することはないと思います」

画像
「なるほど、実際そうですね。結局いつものメンバーがいればいいし、更に翼がいると日向や松山や三杉ですら空気になる。それって、この作品の根幹の部分ですよね。この『いつものメンバー』以外の扱いって、今後変わる事ってあるんでしょうか」

画像
「ない!(キャプテンつばぐ並感)。陽一神が翼に愛想を尽かさない限りないだろうね。そうなった場合、作品そのものが終わるわけですが。
 ……と、まあここまで話してきたわけですが、この三人は今後も活躍するシーンは与えられなさそうですね(ゲッソリ)。それは彼等三人に限った話ではないんですが」

画像
「この対談のテーマを全て引っ繰り返しましたね。究極的にはその通りでこれ以上口を挟みようがないんですが。確かに、WY編からその流れは顕著です」

画像
「対談のテーマなんて最初からあってないようなものだから(暴言)。ただまあ、彼等が活躍する可能性も微粒子レベルで存在するわけですから、私からエールを贈りたいと思います」

画像
「お願いします」

画像
「お前らよりスタッフの井出保の方が活躍してるんだから、もっと頑張れ!」

画像
「井出は明らかに監督より役に立ってるからね、しょうがないね」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Talk Sessions (Internet Edition) Vol.1 逆境ユナイテッドの妄想ヴァケイション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる